通貨 :  JPY

特売商品

レーザーポインター

レーザーポインターまたはレーザーペンは、電源(通常はバッテリー)と、可視光の非常に狭いコヒーレントな低出力レーザービームを発するレーザーダイオードを備えた小型のハンドヘルドデバイスであり、対象物を照らして強調するために使用されます。 ほとんどの法域では、出力は5 mWを超えないように制限されています。

現在、市場で販売されているレーザーポインターとレーザー懐中電灯は5mWを超えるクラスIIIBです。 レーザーが目に直接入るとき、いくつかの損傷があるかもしれません。 特に一部の高出力レーザーでは、拡散光が目にダメージを与える可能性があり、焦点が可燃性物質に点火する可能性が高くなります。 したがって、レーザーポインターはおもちゃではなく、子供には適していません。 強力なレーザーポインターを操作するときは、特別な保護メガネを着用してください。


レーザー - Wikipedia


レーザーポインターとは?初期のレーザーポインターはヘリウムネオン(HeNe)ガスレーザーであり、633ナノメートル(nm)で生成されたレーザー放射であり、通常、出力が1ミリワット(mW)未満のレーザービームを生成するように設計されています。最も安価なレーザーポインターは、650 nmの波長に近い深赤色のレーザーダイオードを使用します。少し高価なものは赤オレンジの635 nmダイオードを使用し、635 nmで人間の目の感度が高いため、より見やすくなっています。他の色も可能で、532 nmの緑色レーザーが最も一般的な代替品です。 593.5 nmのイエローオレンジレーザーポインターは、後で利用可能になりました。 2005年9月に、473 nmのハンドヘルドブルーレーザーポインターが利用可能になりました。 2010年の初めに、405 nmの「Blu-ray」(実際には紫)レーザーポインターが発売されました。

レーザービームからのスポットの見かけの明るさは、レーザーの光パワー、表面の反射率、および人間の目の色応答に依存します。同じ光パワーの場合、人間の目はスペクトルの緑の領域(波長520〜570 nm)の低い光レベルで最も敏感なので、緑色のレーザー光は他の色よりも明るく見えます。感度は、長波長(赤)と短波長(青)で低下します。


カラス対策レーザーポインター