0
メニュー

カート

ロード中

陽輝レーザーポインター販売店


この製品に言及するとき、みんなの反応はこのようなものかもしれません。危険、違法、レーザー事件など。確かに、これ以前は、ある人がレーザーポインターに非常に悪い影響を与えた社会秩序を危険にさらす何かをしていました。しかし、レーザー 用途が広く使用されており、レーザーポインターを使用すると、生活と仕事がより便利になります。まず、レーザーポインターとは何かを話しましょう。


レーザーポインターとは何?


レーザーポインターとは、離れた場所のある一点を光で指し示すための装置です。小型で携帯性に優れ、教育やプレゼンテーションの現場でよく用いられる。レーザーポインターの種類は?赤色レーザー、緑色レーザー、青色レーザー、紫色レーザー、黄色レーザー、RGBレーザーなど色々種類があります。用途も広幅に使用されます。

レーザーポインター ランキングーカラス撃退器100%有効

新着レーザー

レーザーポインター 何に使う

科学研究、アウトドアスポーツ、野外生存、狩猟、家庭用応急、災害防止応急修理、警戒防衛、カラス撃退、天体観測、トンネル工事や発掘調査,広範囲に応用する。日本では、カラス撃退レーザーポインターは長年以来ずっと人気がある検索キーワードです。カラス退治に、大役に立ちます。注意:レーザーポインター使用の際に、近隣に周知が必要です。レーザー 用途は一般的に指し棒と同じ目的で使用されますが、指し棒と比較すると、以下のようなさまざまな利点があります。

暗い場所でも表示位置がわかりやすい

プロジェクターを使用したプレゼンテーションは通常屋内で行われるため、互換性が高くなります。逆に、強い光や直射日光の下では、高輝度の製品ではないものを確認するのが難しい場合があります。指し棒が届かない長距離を指すこともできます

危険な場所を指すことができます

非常に高温・低温なものや回転しているものなど手や差し棒で直接触れられないものでも指し示すことができる。また建物への照射、山間部での工事現場、高速道路工事現場、海上での遠方の指し示しに現場用レーザーポインターとして利用されます。

軽くて扱いやすい

今のレーザーポインターはペン型や小柄なハンドル仕様で、軽量で操作が簡単になります。

初期のレーザーポインターはヘリウムネオン(HeNe)ガスレーザーであり、633ナノメートル(nm)で生成されたレーザー放射であり、通常、出力が1ミリワット(mW)未満のレーザービームを生成するように設計されています。最も安価なレーザーポインターは、650 nmの波長に近い深赤色のレーザーダイオードを使用します。少し高価なものは赤オレンジの635 nmダイオードを使用し、635 nmで人間の目の感度が高いため、より見やすくなっています。他の色も可能で、532 nmの緑色レーザーが最も一般的な代替品です。 593.5 nmのイエローオレンジレーザーポインターは、後で利用可能になりました。 2005年9月に、473 nmのハンドヘルドブルーレーザーポインターが利用可能になりました。 2010年の初めに、405 nmの「Blu-ray」(実際には紫)レーザーポインターが発売されました。


レーザーポインター波長


レーザービームからのスポットの見かけの明るさは、レーザーの光パワー、表面の反射率、および人間の目の色応答に依存します。同じ光パワーの場合、人間の目はスペクトルの緑の領域(波長520〜570 nm)の低い光レベルで最も敏感なので、緑色のレーザー光は他の色よりも明るく見えます。感度は、長波長(赤)と短波長(青)で低下します。

レーザーポインターまたはレーザーペンは、電源(通常はバッテリー)と、可視光の非常に狭いコヒーレントな低出力レーザービームを発するレーザーダイオードを備えた小型のハンドヘルドデバイスであり、対象物を照らして強調するために使用されます。 ほとんどの法域では、出力は5 mWを超えないように制限されています。

現在、市場で販売されているレーザーポインターとレーザー懐中電灯は5mWを超えるクラスIIIBです。 レーザーが目に直接入るとき、いくつかの損傷があるかもしれません。 特に一部の高出力レーザーポインターでは、拡散光が目にダメージを与える可能性があり、焦点が可燃性物質に点火する可能性が高くなります。 したがって、レーザーポインターはおもちゃではなく、子供には適していません。 強力なレーザーポインターを操作するときは、特別な保護メガネを着用してください。

超最強レーザーポインター