通貨 :  JPY

クラスIレーザー (4)

クラス1レーザーポインターは、通常の使用のすべての条件下で安全です。 これは、肉眼で、または一般的な拡大光学系を使用してレーザーを表示するときに、最大許容露光量(MPE)を超えることができないことを意味します。 コンプライアンスを検証するために、この規格では、肉眼に対応する開口と距離、コリメートされたビームを表示する一般的な望遠鏡、および発散ビームを表示する一般的な顕微鏡を指定しています。 Class Iに分類される特定のレーザーは、十分に大きな口径の望遠鏡または顕微鏡で見た場合、依然として危険をもたらす可能性があることを認識することが重要です。 たとえば、非常に大きなコリメートビームまたは非常に高度に発散するビームを備えた高出力レーザーは、規格で定義された開口部を通過する出力がクラス1未満の場合、クラス1レーザーポインターとして分類できます。