通貨 :  JPY

クラスIIレーザー (2)

クラス2レーザーは比較的弱いです。 人が意図的にビームを見つめない限り、通常は目を傷つけることはありません。 通常、レーザー保護眼鏡は必要ありません。 クラスIIレーザーポインターは、皮膚や材料の火傷の危険性はありません。 ただし、レーザーでさえ、パイロットやドライバーにとって気を散らすもの、まぶしさ、またはフラッシュブラインドネスの危険性があります。 動いている航空機や車両にレーザーを向けないでください。 Class 2レーザーポインターは、まばたき反射(明るい光に対するグレア嫌悪反応)が露出を0.25秒以下に制限するため、安全であると見なされます。 これは、可視光レーザー(400〜700 nm)にのみ適用されます。 クラス2レーザーは、1mWの連続波に制限されます。放出時間が0.25秒未満の場合、または光が空間的にコヒーレントでない場合は、それ以上に制限されます。 まばたき反射を意図的に抑制すると、目の怪我につながる可能性があります。 一部のレーザーポインターと測定器はクラス2です。