通貨 :  JPY

クラス IVレーザー (13)

クラス4レーザービームは、特に近距離で、材料がくすぶったり、燃えたりする可能性があります。 ビームを動かし続けて、近距離で材料が燃えないようにします。 熱を吸収する暗い材料、および紙や布などの軽量の材料は、可視レーザービームによって最も簡単に燃焼します。 クラスIVレーザーポインターを使用する場合、特に近距離(数ヤードまたはメートル以内)で使用する場合は、レーザーメガネまたはゴーグルを使用する必要があります。 それらは、レーザーの出力と波長から保護するために選択する必要があります。 眼鏡は、レーザーのすべての光を遮ってはなりません。 これは、レーザーを安全に操作するために、レーザーの「ドット」がどこにあるかを確認する必要があるためです。 眼鏡はレーザーの光の一部またはすべて(たとえば、危険な反射)を遮断しているため、レーザー保護眼鏡を使用している場合でも注意が必要です。